毎日の子育てをHAPPYに

Happy Kosodate

トイトレ

お兄ちゃんのおねしょ克服生活

投稿日:

我が家には今年5歳になる息子がいます。昼間のトイレはだいぶ前から完全に自立しているのですが、夜のおねしょが…。
そこで夏になったのを機に、夜のオムツはずしにチャレンジしてみることにしました。

・夜の水分を控えめに
そもそも、昼間と違って夜おしっこがもれてしまうのは、本人の意識ではなく身体の機能の問題です。それはもちろんわかっているのですが、だからと言って、本人にいつまでもおねしょをしていてもいいと思わせてしまうのもよくないと思いました。そこで、できることから意識させるようにしたのです。
まずは、夜の水分を摂り過ぎないこと。夕食でみそ汁があるのにお茶を飲みたがるので、まずはみそ汁を飲むように声掛けしました。すると、お茶も自然と飲みたがらなくなりました。お風呂上りもがぶがぶ飲むのではなく、水分補給に少しだけ。

・オムツからパットに変更
以前はビッグサイズのオムツを寝る前に履いていましたが、お兄さんになったからパンツにパットをつけるだけね、と使用する対策グッズも変更しました。おしっこちょっとしか吸ってくれないからいっぱいしたい時はトイレに行こうね、と伝えると、理解したようで、早朝トイレに行くようになりました。

・布団にも防水シーツを
もちろん始めてすぐにおねしょをしなくなるなんて思っていません。パットから漏れてしまったときのために、シーツの下に防水シーツを敷きます。そうすることで、布団まで濡れる心配がないので、親もドキドキする必要がなく、穏やかな気持ちで過ごせます。

・自覚が出てきた
これらの対策をして、何日か過ごしてみたところ、パットに変えてからもう何日も濡らすことなく朝を迎えることができています。オムツだった頃は連日びしょびしょだったのに、です。親はもちろん、本人もとても嬉しそうです。タイミングと夏という季節も、よかったのかもしれません。
まだ始めたばかりなので、これからおねしょする日もあるかもしれませんが、長い目で見ていこうと思います。

\ シェアしてください /

-トイトレ

Copyright© Happy Kosodate , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.