毎日の子育てをHAPPYに

Happy Kosodate

コラム

子どもに苦手なことってやらせた方がいいの?

投稿日:

うちの息子は、絵を描くのが大好きです。チラシの裏も、スケッチブックもあっという間に埋まってしまうほど、ちょっと時間があったら何か描いています。
好きなこと・得意なことがあるのはとてもいいのですが、ちょっと偏っているな…と思い始めたあるきっかけがありました。
それは、運動系がダメダメなことを目の当たりにしたある事件です。

・アスレチックに挑戦!ところが…
ある日、大きな公園に家族で出かけたことがありました。そこには大型遊具が充実しており、いろいろな種類の遊具が組み合わさった楽しそうなアスレチックがありました。
早速やってみようとする息子。ボルタリングに挑戦です。でも、2つくらい足をかけたところでズルッと落ちてしまいました。何度かやってみるも、どうしてもうまくできません。そのうち、落ちる度にギャー!!と泣きわめくようになってしまいました。

・できる子どものお手本は見ない
親が手伝って登らせるのも違うし、でも、泣きながらやるもんでもないのでは?と思いました。嫌なら止めてもいいんだよ?と言っても、ギャン泣き。
そこに、「こうやってやるんだよ~。」と同じ年くらいの男の子がひょいひょい登って見せてくれました。でも、見ようとしない我が息子。
きっとできないのが悔しくて素直になれなかったのでしょう。しばらくぎゃあぎゃあ言いながら、結局親が連れていく形でその場を去りました。

・プライドを傷つけずまたやってみよう
本人曰く、できるようになりたいけどできないのが嫌だったとのこと。そりゃそうだろうな。ということで、またアスレチックで遊ぶ機会は意図的に作ろうと思います。
やっぱり、経験がないとできるようにはならないですからね。やる気はあるようなので、きっかけをたくさん作るようにしたいです。
絵が上手なのはいいことですが、運動もできた方が本人にとっても楽しいはず。バランスよく、様々な経験ができるようにしてあげるのも親の務めだなと感じました。

\ シェアしてください /

-コラム

Copyright© Happy Kosodate , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.